• オフィスレイアウトは対外的にも好印象を与える

    • オフィスレイアウトを導入する企業は年々増加しており、その効果には多くの関心が集まっています。
      大企業のみならず、中小企業、新興企業なども積極的に取り込んでいますし、効果を発揮していることも多いでしょう。


      しかし、オフィスレイアウトの本質を理解していない人がまだまだ多いというのも事実です。



      オフィスレイアウトの中心的な効果だけに目がいき、副次的な効果を見落としている人がたくさんいます。


      そこに気が付かないゆえに導入を決断できていない人が多いのです。

      今、話題の便利な日本経済新聞に関する有益な情報が満載です。

      オフィスレイアウトの中心的な効果と言えば業務の能率を向上させることが出来るという点です。
      動線の確保、電源の確保、備品の配置見直しなどはどれも目に見てわかりますし、これをするために導入したというオフィスもたくさんあります。


      これはもちろん素晴らしい効果ですし、中心的な効果ですので十分に享受すべきですが、それ以外にも大きな効果が存在します。それは精神的な効果です。



      オフィスレイアウトは何も備品の配置などに関するものではありません。
      オフィスの壁紙を始めとしたデザイン性を追求するというのも大きな目的の一つです。
      デザイン性の向上、スタイリッシュなオフィスというのは精神的な効果を生み出します。

      その最たるものが客人への印象です。
      ボロボロの薄汚れたオフィスより、スタイリッシュでお洒落なオフィスの方が好印象を抱かれやすいのです。

      つまり、デザイン性を追求することで人の精神に影響を与え、最終的には業務にも影響を与えます。


  • 社会のコツ

    • オフィスレイアウトの検討に必要な発想とは

      オフィスレイアウトを見直すことで、その事業所が抱えている問題を解決する一助となる場合がありますので、専門の施工業者やデザイナーに依頼する事業所が年々増加しています。そもそもオフィスとは仕事場ですから、社員が会社の業績向上のため作業を進める場所です。...

  • 社会をもっと知る

  • わかりやすい情報・基礎知識

    • 作業効率を考えたオフィスレイアウト

      オフィスのレイアウトを変更する理由の最も大きな目的は業務効率を良くしたいからという理由が大きいはずです。会社は一日の大部分を過ごす場所です。...

    • 使い勝手の良いオフィスレイアウトを作るには

      事業拡張や新規事業立ち上げのため、新たにオフィスを設ける場合、そのレイアウトの良し悪しで、事務効率は大きく異なります。したがって、まずは、事業内容や業種等に適したオフィスレイアウトを先に考えて、それに見合った物件を探す方が、成功しやすいのです。...